"視具連"は、視聴覚教材教具の向上と普及を図り、日本の教育の振興と発展に寄与することを目的に活動しています。

【提言】視具連は「教育ICT環境整備指針」において「電子黒板」の名称を引き続き明示されることを要望します!!

日本視聴覚教具連合会からの提言を掲載します。(日本視聴覚教育協会「視聴覚教育」6月号に掲載)
 

注目の製品情報

問題データベース タブレットドリル 小学校国語/小学校社会/小学校算数/小学校理科 平成29年7月発売

問題データベース タブレットドリル 小学校国語/小学校社会/小学校算数/小学校理科 平成29年7月発売

■特長
 プリント教材「問題データベース」のプリントをタブレット端末で解く個別学習向けのドリル教材です。

●一人一人に合ったレベル別のプリントを用意。

● 解いた問題は自動採点され、学習結果はサーバ上で管理。

● 解説動画や漢字の筆順アニメーション、ふりかえり用のプリントが児童の自学自習をサポート。

●教師向けの学習履歴管理サービス(タブレットドリルmanager)で、児童の学習状況を詳しく把握。

製品名 問題データベース タブレットドリル 小学校国語/小学校社会/小学校算数/小学校理科 定価 学校内フリーライセンス 1教科 1年間70,000円(税別) 5年間280,000 円(税別)
notice ※ プリント教材「問題データベース」採用校、または同 時購入校は35,000円(税別)/1年
※ 生徒数価格 @333円×生徒数+ID設定料10,000円(税 別)180名以下の場合はお得になります。
お問合せ先 東京書籍(株)ICT事業本部営業部
TEL 03-5390-7577 URL http://www.tokyo-shoseki.co.jp/

注目!

平成29年度 視具連 主な行事予定

■ 「2017教育コミュニケーションズ IN JAPAN─第53回教育の近代化展」開催

 1965(昭和40)年から毎年開催されてきている「教育の近代化展」は、今年で53回目の開催を迎えることとなりました。
 「教育の近代化展」は視聴覚・教育情報メディア、各種機器・設備、図書教材等、教育情報のあらゆる分野を網羅した、我が国でもっとも伝統あるものとして、永年にわたり教育関係者の強い支持をいただいている歴史ある展示会です。

開催日時:平成29年10月28日(土) 9:00~17:00
開催場所:東北学院大学 土樋キャンパス・ホーイ記念館
     (東仙台市青葉区土樋一丁目3-1)(クリックすると外部ページへジャンプします。)


 

[H26特別展示]:教育の近代化展50周年の歩み(クリックするとPDFをご参照いただけます。)

 

■ 「視聴覚機器・教材ガイドブック2018版」刊行

平成29年10月下旬刊行予定
 

■ 「eスクール ステップアップ・キャンプ 2017」主催

 全国の学校における電子黒板、タブレット端末などのICT教材・機材を活用した教育に関する展示研究を通じて、教育関係者が体験的に研修を深められる機会を提供することを目的に、今年度も教材・機材体験展示会を開催します。
 本展示会では、各地で先進的な取り組みをされる先生方によるデジタルポスターセッションやワークショップを実施します。

開催地域/日程:調整中

関連リンク: eスクール ステップアップ・キャンプ

 

■ 各種調査研究事業

準備中