"視具連"は、視聴覚教材教具の向上と普及を図り、日本の教育の振興と発展に寄与することを目的に活動しています。

【提言】視具連は「教育ICT環境整備指針」において「電子黒板」の名称を引き続き明示されることを要望します!!

日本視聴覚教具連合会からの提言を掲載します。(日本視聴覚教育協会「視聴覚教育」6月号に掲載)
 

注目の製品情報

遠隔授業支援システム xSync Prime Academic(バイシンク プライム アカデミック)

遠隔授業支援システム xSync Prime Academic(バイシンクプライムアカデミック)

■特長
 ワンボタンで簡単に画面共有ができる遠隔授業支援システム。自治体・学校ごとのさまざまな学習環境や、専門性の高い授業の実現を「遠隔授業」により支援します。
 また、研修会や校長会等の場面で、先生方の働き方改革」を支援します。
○電子黒板連携
 画面共有された資料に書き込みを加えることで、児童生徒の考えや理解度を簡単に確認することができます。
○2ndモニタ表示対応
 2つの大型提示装置でカメラ映像と教材を一度に表示し、臨場感の高い授業を実現します。
○遠隔リモート操作
 カメラや音声の設定をリモートで変更できるため、ICT支援員やICTに詳しい先生が遠隔でサポートすることができます。

■定価:オープン価格

■お問い合わせ
(株)ブイキューブ 教育ICT事業推進室
03-6867-1083
https://jp.vcube.com/

注目!

コンパクト書画カメラ VISUAL PRESENTER MX-P

コンパクト書画カメラ VISUAL PRESENTER MX-P

■特長
●1,300万画素の超高画質/デジタル16倍ズーム
 大型提示装置に投影してこそ発揮する実物映像の美しさと精細さを実現。また、デジタル16倍ズームで伝えたい部分を大きく伝えます。
●充実のインタフェース
 HDMI/RGBのケーブル1本で大型提示装置と簡単に接続。USB接続でWEBカメラとして遠隔授業やWEB会議などで活用可能。
●軽量・小型
 薄さ2.2cm、質量550gの薄型・軽量の小型ボディ。カメラヘッドは左右90°回転可能。縦置き、横置きも自由となり、省スペースで活用。見せたい角度から教材を映し出すことができます。
●マルチコミュニケーションボード
 ボード上に書き込み、MX-Pで投影すると、瞬時に手書きした情報をMX-Pに接続した大型提示装置やパソコン等へ表示し、参加者全員で共有することができます。

■定価:MX-P:49,000円(税別)
    マルチコミュニケーションボード:2,500円(税別)

■お問い合わせ
(株)エルモ社 マーケティング部 ICTマーケティング課
052-811-4465
http://www.elmo.co.jp/
ict@elmo.co.jp

注目!

平成30年度 視具連 主な行事予定

■ 「2018教育コミュニケーションズ IN JAPAN─第54回教育の近代化展」開催

 1965(昭和40)年から毎年開催されてきている「教育の近代化展」は、今年で54回目の開催を迎えることとなりました。
 「教育の近代化展」は視聴覚・教育情報メディア、各種機器・設備、図書教材等、教育情報のあらゆる分野を網羅した、我が国でもっとも伝統あるものとして、永年にわたり教育関係者の強い支持をいただいている歴史ある展示会です。

開催日時:2018年11月17日(土) 9:00~17:00
開催場所:広島国際会議場
     (〒730-0811 広島市中区中島町1-5 平和祈念公園内)      

[H26特別展示]:教育の近代化展50周年の歩み(クリックするとPDFをご参照いただけます。)

 

■ 「視聴覚機器・教材ガイドブック2019版」刊行

平成30年9月1日発行

■ 「eスクール ステップアップ・キャンプ 2018」主催

 全国の学校における電子黒板、タブレット端末などのICT教材・機材を活用した教育に関する展示研究を通じて、教育関係者が体験的に研修を深められる機会を提供することを目的に、今年度も教材・機材体験展示会を開催します。
 本展示会では、各地で先進的な取り組みをされる先生方による実践発表やワークショップを実施します。

関連リンク: eスクール ステップアップ・キャンプ

 

■ 各種調査研究事業

準備中