"視具連"は、視聴覚教材教具の向上と普及を図り、日本の教育の振興と発展に寄与することを目的に活動しています。

【提言】視具連は「教育ICT環境整備指針」において「電子黒板」の名称を引き続き明示されることを要望します!!

日本視聴覚教具連合会からの提言を掲載します。(日本視聴覚教育協会「視聴覚教育」6月号に掲載)
 

注目の製品情報

JOINBOARD タッチスクリーン液晶ディスプレイ BFEシリーズ

JOINBOARD タッチスクリーン液晶ディスプレイ BFEシリーズ

■特長
 資料や教材を大画面表示できるだけでなく、画 面に直接タッチして書き込みや操作ができる、簡 単・便利なパナソニックの電子黒板です。

○ 話す力、聴く力を高める効率のよい語学学習をサポート
 お手本を聴いてから発音する「リピーティング」 お手本を聴きながらほぼ同時に発音する「シャドーイング」の2種類の練習方法に対応。

◎ 授業に便利なパソコン専用ソフト「ホワイト ボードソフトウェア」に対応
 本ソフトウェアをインストールしたパソコンを 専用ケーブルでつなげば、ディスプレイに教材 を表示するだけでなく、ホワイトボードとして も使え、児童・生徒の理解度が向上します。ホ ワイトボードソフトウェアはカラーユニバーサ ルデザインを採用しています。

◎ 飛散防止フィルム付き保護ガラス採用
 外部からの衝撃に強い保護ガラスを採用。また、 万が一の破損時でもガラスが飛散しない飛散防 止フィルムを装備しており、教室に常設しても 安心です。

◎ 教室でも聞こえやすい前向きスピーカー(外付 け/同梱)
 外国語活動の授業では発音の聞き取りが大切で す。前向きスピーカー採用で、音声が聞こえや すく、わかりやすい授業や講義をサポートします。

■お問い合わせ
パナソニックシステムソリューションズジャパン(株) 教育ソリューションTF
TEL: 0120-878-410
URL: https://panasonic.biz/cns/prodisplays/products/joinboard/

注目!

問題データベース タブレットドリル(中学校国語/中学校算数/中学校理科/中学校社会/中学校英語)平成30年4月発売

問題データベース タブレットドリル(中学校国語/中学校算数/中学校理科/中学校社会/中学校英語)

■特徴
 プリント教材「問題データベース」のプリント をタブレットPCで解く個別学習向けのドリル教 材です。

学習結果に合わせて、一人一人に合ったレベル 別のプリントをすすめてくれます。

解いた問題は自動採点され、学習結果はサーバ 上で管理。

解説動画や漢字の筆順アニメーション、ふりか えり用のプリントが生徒の自学自習をサポート。

教師向けの学習履歴管理サービス(タブレット ドリル manager)で、生徒の学習状況を詳しく 把握。

■価格:学校内フリーライセンス
特別支援教育用教科書データや指導計画 作成資料・地域関連資料他、ワークシート・評価資 料などを収録し、先生方の授業準備をサポートします。

■商品価格
1教科 1年間 70,000円(税別)
    5年間 280,000円(税別)
※ 問題データベース採用校、または同時購入校は35,000円(税別)/年
※ 生徒数価格 @333円× 生徒数+ ID 設定料10,000円(税別)180名以下の場合はお得になります。

■お問い合わせ
東京書籍(株)教育文化局 教育事業本部 営業部
03-5390-7577
https://www.tokyo-shoseki.co.jp/

注目!

平成29年度 視具連 主な行事予定

■ 「2017教育コミュニケーションズ IN JAPAN─第53回教育の近代化展」開催

 1965(昭和40)年から毎年開催されてきている「教育の近代化展」は、今年で53回目の開催を迎えることとなりました。
 「教育の近代化展」は視聴覚・教育情報メディア、各種機器・設備、図書教材等、教育情報のあらゆる分野を網羅した、我が国でもっとも伝統あるものとして、永年にわたり教育関係者の強い支持をいただいている歴史ある展示会です。

開催日時:平成29年10月28日(土) 9:00~17:00
開催場所:東北学院大学 土樋キャンパス・ホーイ記念館
     (仙台市青葉区土樋一丁目3-1)(クリックすると外部ページへジャンプします。)

2017教育コミュニケーションズ IN JAPAN -第53回教育の近代化展-
出展協賛社のご紹介
  @東北学院大学 土樋キャンパス・ホーイ記念館

     ■ 出展企業および展示内容はこちらをご覧ください。

[H26特別展示]:教育の近代化展50周年の歩み(クリックするとPDFをご参照いただけます。)

 

■ 「視聴覚機器・教材ガイドブック2018版」刊行

平成29年10月下旬刊行予定
 

■ 「eスクール ステップアップ・キャンプ 2017」主催

 全国の学校における電子黒板、タブレット端末などのICT教材・機材を活用した教育に関する展示研究を通じて、教育関係者が体験的に研修を深められる機会を提供することを目的に、今年度も教材・機材体験展示会を開催します。
 本展示会では、各地で先進的な取り組みをされる先生方によるデジタルポスターセッションやワークショップを実施します。

開催地域/日程:調整中

関連リンク: eスクール ステップアップ・キャンプ

 

■ 各種調査研究事業

準備中